読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱毛さんとのお付き合い後のHISAYOME。 詐欺にあう。

HISAYOMEの事

私の過食嘔吐はより酷くなりました。

 別の職場の可愛がってくれてた先輩に影響を受けて、

煙草の味も覚えたっけ。 中学の頃の様な「キンギョ」ではなくて。

 もう自分の身体なんてどうでもよくて。

生きている意味すら分からない毎日で。

同じ職場の先輩は相変わらず意地悪で陰険で。

定時前に仕事上がって、体育館の準備してバスケして、愛想笑いに

おべんちゃらばかりの毎日。

 

 寮に寝に帰るだけなのに、1人になるのが寂しくて。

その頃の自分に見合うような最低彼氏に夜な夜な会って。

 

なんて自分に可哀想な事をしたんだろうなぁ・・・・・・・。

 

 その時のちょっとだけ年上の大学生の彼は私の過食に輪をかけるように。

「中学の頃から君を知っていた。 スタイルのいい君が好きだ。」

なんて言ってくれていました。

 彼はそれはそれは痩せていたし、

「自分よりも太い女性とお付き合いなんて考えられない。」

なんてほざく人。

 

 そんな人に合わせる必要なんてないのにね。

一生懸命。食べない様に。残すように努めていました。

相手に合わせて合わせて気を遣って生きる事しか出来ないような。

「いやだ。」って言っちゃいけない。

人との付き合いってそういうものだと思っていた頃。

会社で先輩の顔色を窺う延長戦上の様なお付き合いでした。

毎度、異性とのお付き合いも嫌になって「お別れ」の繰り返し。

 

 嫌だったなぁ。辛かったなぁ。苦しかったなぁ。

そんな思いでしかない。あんまり覚えてもいないのだけれど。

 

 

 そんな事を話せる友人も親もいなかったので、きっとあの時期の

精神状態が1番やばかったのは確実。

 

休日の朝。3合炊きの炊飯器に2合ご飯炊いて食べて吐いて。

その後バスケの練習に行く。 そんな生活を繰り返していました。

 空っぽのお腹で寮に帰ってきて煙草とBEERとで3本飲んで、

手当たり次第に色んなもの食べて吐く。

 その後、その時々の彼と会う。

 

 

 そんな生活に嫌気がさして、

私このままじゃだめだ!

誰も助けてくれない。私が私の為にしっかりしなくちゃ。

そう思わせてくれるきっかけとなった詐欺に合いました。

 

・1つはバスケのマネージャー(先輩です。)に連れられて

下着の鼠講にあったこと。

(彼女とは今はもちろん疎遠です。)

 

・もう1つは親しい(と思っていた)先輩にバスケの練習後、寮まで送ってもらう

話だったのに拉致されそうになった事。

(彼は年齢も家族構成すらも偽っていた模様でした。(私には独身と言っていた。))

 

なかなかの衝撃的な経験だったので、人間不信に陥りまして。

 

「もう異性とは付き合わない! 誰にも依存しない!」と決めた時。

   

 

 

 しばらくして、私は大黒柱に出会いました。