読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TARTE CC Undereye Corrector

こんばんは。

 

 ここのところ珍しく小雨が続いているので湿度が高くて髪も肌もいい感じ(笑)

さほど乾燥が気にならない!私には嬉しい事なのですが、

子供達が有り余るエネルギーを持て余しております。

 悩む関節痛にもFISHOILやグルコサミンをサプリメントで補い始めてからは調子がいいのです。膝の痛みに悩まなくなってきました。

 サプリメント大国なので日本のサプリメントの倍近い量を同じ価格で購入できるので、その辺りは本当に助かります。

 

 さて、今日は見出しにある

   「TARTE   CC Undereye Corrector」 のご紹介です。

f:id:HISAYOME:20170104094308j:plain

 

f:id:HISAYOME:20170104094346j:plain

f:id:HISAYOME:20170104094416j:plain

 価格は$24です。

 HISAYOMEが購入したのはLIGHT to MEDIUMで、

もう1色はMEDIUM to TANの2色展開のみです。

f:id:HISAYOME:20170104094641j:plain

 クマや赤み、傷が気になる方には本当に素晴らしいSTAFFだと思います。

クマは年齢も関係はありますが、顔の血流が悪かったりリンパ線が大きく関係しているのでマッサージやパック、軽い運動や睡眠を十分にとる事で緩和される事も十分にありますが、なかなか思うようにはいかないものです。(私だけかも・・・・・)

 でも、こういったSTAFFがあると目元が明るくなって印象が一気にフレッシュにな

る気がします。

 とってもクリーミーで肌のキメに入っていってくれるので一生懸命馴染ませる必要もなく、乾燥もしません!サーモンピンクのような色で血色よく見せてくれます。

指でもブラシでもスポンジで使用してもキレイに仕上がります!

個人的にはビューティーブレンダーが好きですが、ヨレないし手放せなくなりそうです。

 

 使用方法ですが、化粧箱にはコンシーラーやチークなどの色物を使用した後でSTAFFを使用してください。と書かれていますが、HISAYOMEはファンデーションの後にコーンシーラーを軽くしてから混ぜるように使用しています。

 基本的には先日記事にした「BECCAのBrightning Corrector」と使用方法は同じで大丈夫かと思われます。

  こちらもご参考までにどうぞ。

hisayome.hatenablog.com

 

そして双方(TARTEとBECCA)を比べてみました。

 

f:id:HISAYOME:20170104100425j:plain

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、BECCAの方が明るいピンク色です。

TARTEはベージュピンクという方がぴったりな気がします。

 双方共にシマーが入っていますが、TARTEの方が細かいシマーでよくよく見ないと分からない程。

 BECCAはキラキラと裸眼でシマーがすぐ確認できますし、シマーの量も多い。

f:id:HISAYOME:20170104100927j:plain

左がTARTE右がBECCAです。

f:id:HISAYOME:20170104101026j:plain

 

 共に使用してみてどちらが好きか?と聞かれたらHISAYOMEはTARTE派です。

でもどちらもとても素晴らしいSATFFなので末永くお付き合いしていきたいと思います。

 

 

  最近のHISAYOMEお気に入りSTAFFでした~