読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校でHISAYOMEが驚いたこと  サンタさん

世の中には「サンタクロース」という架空の存在がある。

その事を知ったのは小学校に入学してから。

HISAYOMEは自宅の中でイベント的な事やお祝いをしてもらった記憶がありません。

HISAYOMEの母はきっと自分の母親にもしてもらったことがないのだと思います。

(母方の祖母はそりゃあもう猛毒でいつかきっと、記事に書くでしょう。。。。。)

クリスマスにプレゼントが貰える家庭があるんだなぁ~って事を認識したのは小学校でだった。

 

 

年に1度の嬉しい事と言ったら「お年玉」のみ。

勿論、父方の祖父祖母と叔母。母方の兄弟数人は幼いころは500円包んでくれたりしていました。

猛毒の母方の叔母が原因で宗教にのめり込んでしまう母とそれに気が付いた父親は猛喧嘩を繰り返し続け、母が実家に寄生しない事を約束し疎遠になります。

小さな頃からつねったり叩いたりする祖母が大嫌いだった私。

「おねえちゃんはいい子ね~」っていう言葉が今でも顔見るとフラッシュバックすると思う。そして、それを止めない母親がまた憎かったのかな?

いい思い出がないのでそれはさておき。

そんな人に育てられた私の母。毒も当然かもしれません。

 

一切のイベントやデコレーションや楽しみもなくバスケ三昧。

誕生日プレゼントに学校で必要だった「ホッチキス」やバスケに必要な「ジャージ」これらが買ってから数日して「あれ、誕生日プレゼントだから。」と言われた覚えがあります。

もう、心の中で全力で「んじゃぁいらんわ===!!」と言った気がします。

ない時の方が増えていくのでマシだったのは確実かもしれませんが・・・。

えぇ。軽くトラウマです。

 

 

 

デコレーションもして、ケーキを焼いてお祝いして。普通じゃない家庭もありますよね・・・・私の幼少期の様に・・・・・。

なので、わが子らにはクリスマスも、誕生日プレゼントも出来る限りの希望に答えてやりたいと思ってしまいます。だって1年に1度の主役にイベントなんだもん。

甘いと言われても、これが私が経験した事で思う私の信念でした。